質屋で人気のブランド

質屋の利用方法をご紹介します

このサイトは、質屋に関するコラムが充実しています。
普段利用したことがない人がわからないこともわかりやすく解説しているので、知識を得たから利用可能です。
例えば、商品を売るときの手続きや注意点、利息計算の仕方や具体例、事前に口コミを調査することの必要性といった情報を知ることができます。
身近にあるのになかなか利用される機会が少ないサービスですが、良く知ったうえで活用すれば生活の役に立ちますので、ぜひ情報を参考にしてください。

質屋で商品を売るときの手続きと注意点

質屋で商品を売るときの手続きと注意点 質屋で商品を売る場合は、まずは査定をしてもらいます。
質屋は買取だけでなく質入れをすることも可能ですし、質入れした後買取に変更して差額分を払ってもらうことも可能です。
したがって、後で取り戻したいと考えている物は無理に売るのではなく、まずは質入れを検討してください。
査定額内であれば借り入れ金額は自由に設定できるので、少額だけの借り入れも可能です。
注意点としては、少額だけ借りた場合であっても流失期限内に支払いができなければ所有権を失ってしまうことです。
その場合は買取に変更したとすれば、差額分から利息を引いた分を貰うことができるので、払えないからと言ってそのままにするのはもったいないことになるので、よく考えて行動してください。

質屋には利息制限法の適用がないので年利は高い

質屋には利息制限法の適用がないので年利は高い 貸金業者の利息の上限は、利息制限法で年利が15パーセントから20パーセントに設定されています。
質屋は質屋営業法という独自の法律で規制されている存在であり、利息制限法の影響は受けません。
したがって、利息の上限はこれとは異なるように設定されています。
月利は9%で、年利にすると109.5パーセントと小売りになっています。
なぜ高くなるかと言えば、基本的に3か月単位の短期間の利用を想定しているからです。
延長することが可能で、利息の支払いを繰り返して利用できますが、その場合はこのような高い年利を支払わなければなりません。
利息というデメリットは大きいですが、質草があれば信用情報を見られることなくすぐに貸してもらえることや、売らずに支払えば質入れした物を返してもらえるというメリットは利用者にとってはメリットになります。
したがって、質屋に預けて融資を受けるのは、短期利用を前提としてすぐに融資を受けたい場合や、どうしても売りたくない物を担保にお金を借りたいときです。
さほど大切でもない物であれば、長く返済を続けていると利息の支払いが大きくなってしまうので、売る方が良いです。
質屋では買取もやっているので、上手に使い分けましょう。

質屋に関する情報サイト

名古屋の質屋はこちら

新着情報

◎2021/6/10

人気ブランドの商品を販売
の情報を更新しました。

◎2021/4/5

事前に口コミを調査
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

質預かりと買取の違い
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

サイト公開しました

「質屋 売る」
に関連するツイート
Twitter